鏡を見る女性

化粧の手順に悩む

日焼け止めを顔につける場合、下地クリームが先か日焼け止めクリームが先かで化粧の手順に悩む人は多くいます。現在では下地の役割をしてくれる日焼け止めクリームが販売されるようになり、肌への負担も軽減してくれます。

詳しく見る

クリーム

クリームを選ぶポイント

日焼け止めクリームにはPAとSPFという二つの基準があります。肌が真っ赤に焼けてしまう人はUV-Bが原因であるためSPFを基準に、真っ黒に日焼けしてしまう人はUV-Aが原因であるためPAを基準にして選ぶようにすると良いです。

詳しく見る

クリームを塗る人

価格が違う理由について

日焼け止めクリームなどは幅広い価格帯となっており、その理由は日焼け止め効果と付加価値によるものが大きいです。利用者や利用環境に合ったものを選ぶようにすることで、家計にも皮膚にも負担をかけない夏を過ごせます。

詳しく見る

ウーマン

散乱剤と吸収剤

日焼け止め商品には大きく分けて紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2つに大別することができます。散乱剤は紫外線を反射させ、吸収剤は熱量に変換させることができ、近年ではそのハイブリッドの日焼け止め商品も登場しています。

詳しく見る

女性

日焼けをしないために

日焼け止めは紫外線をブロックし、シミやシワなどを防止するクリームです。日焼け止めにはSPFとPAの数値があり、目的に合わせて日焼け止めを選ぶことが重要です。たっぷりとムラなく伸ばし、こまめに塗り直すことも忘れないようにします。

6408242873

紫外線に負けない方法とは

クリームを塗る人

10年後も美肌一筋

皆さんは毎日のスキンケアにどれくらいの時間をかけていますか。朝起きてから、お昼の化粧直し、お風呂上りや夜寝る前、女性の一日というのはお肌に力を入れていない時はないってくらい忙しい毎日であります。ここでご紹介するのは、簡単にできる効果的なアンチエイジングケアです。それは紫外線からお肌を守るというスキンケア、つまり、日焼け止めを塗るということです。そんな簡単なことと思われがちですが、これが実は10年後、20年後のお肌に影響をもたらすくらい大変重要なスキンケアなんです。日焼け止めを塗ることを怠ったら、お肌にはどのような影響が出てしまうのでしょうか。紫外線には肌の奥まで浸透してしまうUVAと肌の表皮にダメージを与えるUVBという2種類の光から出来ています。UVAは、お肌の弾力を弱体化させてシワになったり、シミの根源となるメラニンを生成させてしまうメラノサイトを活性化させてしまうのです。また、UVBには、肌に直接炎症を与え、所謂日に焼けるという見た目からの変化を促す原因となるのです。そして、日焼け止めを塗っていなければそれらのダメージが一気にお肌に受けてしまうということになります。そしてそのケアをせずに紫外線を浴び続けることによって、長年蓄積されてきたシミが10年後や20年後に自分でもびっくりするくらいの量でお肌に浮き出てくるのです。シミができてしまってからでは後の祭りです。その為にも日焼け止めを塗ることによってシミの原因となるメラニンの生成を防いだり、日焼けをすることなく透明感のあるお肌を維持することができるのです。日焼け止めを塗る、ただそれだけ人は今ある美しいお肌を保つことができるのです。もちろん、化粧水を塗ったり、美白成分の入ったクリームを塗ることも大切です。その土台をしっかりと維持する為にも、日焼け止めを塗って10年後、20年後のお肌に自信をつけれるようになりましょう。